企業法務

このようなお悩みは
ありませんか

  • 「契約書の作成や内容のチェックをして欲しい」
  • 「顧客からのクレーム、どう対応していいのかわからない」
  • 「急なトラブルが発生したとき、顧問弁護士に対応してもらえるのか」
  • 「債務超過になり、もう事業を継続するのが難しくなった」
  • 「会社を設立したいが、法的なことがわからず困っている」

詳細については以下のパンフレットをご確認くださいませ。

林間国際法律事務所_顧問弁護士パンフレット

契約書作成・チェック

企業活動において、重要になるのが取引先と交わす契約書です。いったんトラブルが起きると、契約書の内容が大きな意味を持つことになります。
そのため、契約書を綿密に作成することが、トラブルを回避して、企業活動を安定して行うことにつながります。
契約書を作成・チェックするためには、法律の専門的な知識が必要になります。弁護士にご依頼いただくと、契約の内容がすべて網羅されているか、自社にとって不利な内容ではないか、法的に問題はないか、契約書としての形式をとっているか、などという点を入念に確認いたします。

また、当事務所は「Legal Force」というAIによる契約書レビューシステムを導入しております。
「Legal Force」は、最新のテクノロジーと多数の法務関係者の知見を結集して開発されたAI契約審査プラットフォームです。
従来の弁護士による契約書確認ノウハウと「Legal Force」のシステムを組み合わせることで、弁護士とAIによるダブルチェック体制が実現し、クライアントの皆様により迅速で高品質なサービスを提供することが可能となっております。

迅速かつ高品質な契約書の作成・チェック等が必要の際には、ぜひ当事務所にご相談ください。

詳細はこちら

クレーム対応

顧客からのクレームには、改善点を指摘し、よりよいものにするために必要なものもありますが、中には相手にするべきではない不当な要求もあります。
クレームは初期対応が非常に重要です。最初に速やかに対応できないと、深刻な問題に発展し、早期に解決することが難しくなります。
顧客からのクレーム対応は、担当者にも大きな負担となり、対応の仕方によっては問題がこじれてしまうケースもあります。
安易に対応するのではなく、弁護士に相談の上で対応することをおすすめいたします。

顧問契約

顧問弁護士は、会社経営において生じる取引先との紛争、労務問題など、さまざまな法的トラブルに継続的に対応し、適切なアドバイスをすることで会社をサポートします。
顧問先からの相談は優先して対応いたしますので、急なトラブルが発生したときも、適切な対処を迅速に行うことができます。
継続して関わることで、会社の内情をしっかり把握できるので、事業内容や会社の実情を踏まえた、よりきめ細かな対応が可能になります。
契約書のチェック、債権回収、労働問題などの法律相談により、起こり得るリスクを事前に回避することが可能になります。
また、スポットで弁護士に依頼したり、法務に強い人材を雇用するよりも、顧問契約のほうがリーズナブルにご利用いただけます。

企業破産

企業破産とは、会社が支払不能や債務超過となり、継続的な経営が困難になった場合に、破産法によって会社を清算する手続きです。
裁判所に破産手続きを申立てると、裁判所から選任された破産管財人が会社の財産を処分し、債権者に公平に配当します。
企業破産をすると、事業を継続できなくなり、財産を失ってしまいますが、負債がなくなることで、資金繰りの悩みや督促から解放されます。代表者も破産手続きを行うので、個人の負債もなくなり、人生の再スタートを図ることができます。

会社の設立・運営サポート

自分で会社を設立しても、いざ事業を始めたら「必要な許認可をとっていなかった」「定款が意図した内容と合っていない」などの問題が生じることがあります。
これでは会社を設立しても、余計な手間と時間がかかってしまい、事業に専念することができません。
会社を設立する前に、弁護士のアドバイスを受けることで、予想していなかったトラブルが発生する事態を回避することができます。また、会社設立までの書類作成や申請の手続きも行います。
会社設立後には運営サポートとして、会社法関連の手続き、契約書作成、総務関連、法律改正による情報提供などのサポートも行います。

© 林間国際法律事務所